メニュー

NEWS

CINEMA 2020.11.25

KARAE Report Vol.09 ”唐津の台所” 横丁「キャラバン」で味わう贅沢和牛ステーキグルメ


地元愛溢れるシェフこだわりの食と技!佐賀を丸ごと味わう和牛ステーキ専門店

 佐賀を訪れたならば絶対に外せないグルメ、佐賀牛。 柔らかい赤身の中にきめ細やかに風味ただよう脂肪が入った霜降り牛肉。この 甘くこくのある美味い肉は、佐賀県特有の穏やかな気候と美味しい水、澄み切った空気によって育てられた全国に誇る佐賀ブランド食材です。この佐賀牛を唐津のまちなかで堪能できるのが、和牛ステーキ専門店『キャラバン』。商店街の中にあるKARAEから徒歩2分の、”初めてなのに常連気分”をコンセプトにしたアットホームなお店で、お客の中にはシェフに会うため訪れる人もいるのだとか。今回は、そんな和牛専門店をご紹介します。


 ”唐津の台所”として地元の人々に親しまれる、揺れる提灯が目印の中町商店街。かつて唐津で採れた新鮮な食材や花などを積んだリヤカー行商で賑わった中町は、今でも元気なおばちゃんたちの掛け声とともに路上販売が行われる、昭和レトロなまち並みです。そのメインストリートから一本入り込んだ横丁に、和牛ステーキ専門店『キャラバン』はあります。1979年の創業以来、地元ならではの味にこだわり続け、ミシュラン星を獲得した名店です。

 現在、厨房で腕を振るうのは二代目となるシェフ・河上彰範(かわかみあきのり)さん。唐津で生まれ育ったシェフは、料理人として福岡・東京で修行ののち、家業のステーキ専門店を継ぎました。「唐津を盛り上げるために、人が集まるハブとなる場所を作りたい」という思いから、”初めてなのに常連気分”をコンセプトとしたアットホームな店づくりに努めており、シェフの人柄に惚れ込んで、お店を訪れるファンもいるほど。料理の腕もさることながら、地元愛にあふれた唐津きっての名物シェフでもあります。

『キャラバン』の2代目店主・河上彰範シェフ。

 精肉店の経験もあるシェフ自ら厳選したお肉は、きめ細やかで適度な霜降りと甘味のあるA5ランクの佐賀牛・伊万里牛です。低温の蒸気でゆっくりと熱を入れることでお肉の持つ柔らかさを保ち、その後表面を一気に焼き上げる、シェフこだわりの技で仕上げます。カリカリとした香ばしさと、とろけるような柔らかな食感を併せ持つステーキは絶品です。

さらに「全国のお客様にはもちろん、地元の方にも改めて佐賀の食の豊かさや美味しさを感じてほしい」と、お店で扱うお肉や野菜のすべての食材は、シェフが信頼を置く地元畜産家や農家から取り寄せています。唐津・佐賀県産食材にこだわった一皿を楽しめます。

 落ち着いたウッド調デザインの店内には、カウンター席とテーブル席が用意されています。目の前の鉄板でお肉が焼かれるカウンター席はライブ感たっぷり。シェフのサービス精神満載のパフォーマンスと共に、漂うジューシーな香りと音が食欲を駆り立てます。テーブル席は半個室で、鉄板でのパフォーマンスを横目で楽しみながら、プライベート空間も確保されているので、ファミリーやグループでのご利用におススメです。

「私が幼少期の頃、この商店街の通りは買い物や社交場を求めた人がごった返して自転車が通れないほどでした。そんな中で、仲間の語らい場のひとつになっていたのが、ここ『キャラバン』だったんです。面白い場所に人は集まる。だから私は食を通して、唐津や佐賀の魅力を伝え、地元を盛り上げていきたいと思っています」と、地元愛に満ちた唐津にまつわるエピソードをお話して頂きました。

 お手軽なカジュアルコース(ランチ¥1,300~/ディナー¥2,500~)から、牛一頭からわずか600gしかとれないお肉を使用した贅沢な特選シャトーブリアンコース(ディナー¥15,000~)まで、牛肉を楽しむのに幅広なメニューが取り揃えられ、いずれもグラム数を選べます。迷った方は是非シェフにオススメを尋ねてみてくださいね。

 豊かな食に恵まれた佐賀ならではの美味しさを全国へ発信する『キャラバン』。佐賀・唐津の食材へのこだわりとシェフ熟練の技でファンに愛され、創業から約40年以上が経った今も客足が途絶えません。一度訪れればお友達。そんなアットホームな和牛ステーキ専門店で、ぜひ佐賀の食をご堪能下さい。


キャラバンーCaravan-

住所
〒847-0051  佐賀県唐津市中町1845
TEL
0955-74-2326
HP
http://ca1979.com
営業時間
ランチタイム 11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナータイム 18:00~22:00(L.O.20:30)
休業日
火曜日


ふるさと納税で唐津を楽しむ

唐津に遊びに行きたい!唐津の食を満喫したい!マイ唐津焼をゲットしたい!そんな皆さんの思いが「ふるさと納税」で実現できます。KARAEの1階の唐津で22年ぶりに復活した映画館THEATER ENYA(シアター・エンヤ)を運営する一般社団法人Karatsu Film Prifect活動を支援する「佐賀県NPOふるさと支援」では、HOTEL KARAEに宿泊したり、キャラバンをはじめとする唐津のミシュランをとった飲食店で食事を楽しんだり、唐津焼を購入したりできます。これから宿泊できる宿やご予約できる飲食店がますます増えるとのこと。楽しみですね。